• トップ > 
  • 安心・安全へのこだわり

安心・安全へのこだわり

「美味しさは、自然のまま」を守ります。安心・安全にこだわる、直七の里の商品づくり。

直七の里では、栽培管理を徹底し、安心・安全にこだわっています。
自然の美味しさがそのまま残るように、収穫した直七をすぐに搾り、冷凍しています。そして一年を通して、その新鮮な果汁を、皆様の食卓へお届けしています。

元気な土の証しは「イノシシの跡」

「お客様に安心して直七を味わっていただきたい」
そんな想いから、空気のきれいな山奥で、できる限り農薬を使わずに栽培しています。
農薬を使っていないので、地中には元気なミミズがたくさん棲んでいます。それを目当てに山からイノシシが来て、地面を掘り返して食べるので、ボコボコと穴があいてしまいます。直七畑の地面には、そんなイノシシの食事跡があちこちに見られます。
いのちの力あふれる健康な土と自然に育てられ、美味しい直七が実ります。
元気な土の証しは「イノシシの跡」

生産ポジティブリストの確立

直七の生産農家は、栽培の状況を記録して提出することが義務付けられています。
周囲の畑で農薬を使っていないかどうか、栽培時の農薬使用の有無、施肥の状況、などを記録してもらい、生産組合で管理しています。
トレーサビリティ(生産者を識別する情報管理)も徹底しており、搾汁した果汁も番号で管理されているので、どの生産者が栽培したものか照合することもできます。
直七の里は、真面目に育てて、真面目に管理し、どこまでも安心品質を守ります。
生産ポジティブリストの確立

摘みたて果汁を工場ですぐに冷凍、だから安全

直七の里で使用する直七は、5月頃に白い花をつけ、旬の9~10月に採取されます。収穫したての直七は、直七専用工場できれいに洗って、搾汁して冷凍管理します。果汁は生産者がわかるように地区ごとにナンバリングして管理されています。
こうして一年を通してフレッシュで美味しい直七果汁をお届けしています。

直七果汁の製造工程

1.収穫
2.洗い
3.搾汁
4.冷凍

直七の里をもっと知りたい

ニュース
  • 宿毛育ちの直七 「幻の柑橘」の上品な酸味は、ホテルのシェフも絶賛。
  • 美味しいポン酢のヒミツ 直七を使ったポン酢だけにしかない、絶品の味をご紹介。
  • 安心・安全へのこだわり 安全な直七をお届けするために、真面目に取り組んでいます。

お問い合わせはこちら(通話無料) 0120-926-707 受付/月~金 9:00~17:30

直七がカクテルになりました。

ページの先頭に戻る