• トップ > 
  • 宿直七の栽培カレンダー
DSCN2639 直七の栽培農家の方々

宿毛の名産である直七を全国に発信しよう、という思いから、平成21年に直七生産組合が設立されました。
そして、よりしっかりと管理された良い直七を皆様にお届けするために、平成27年に法人化されました。
美味しい直七作りに全力を注いでくれています。








直七の栽培カレンダー

5月 開花

5月
直七の花は5月頃から開花がみられます。
花の寿命は一週間程度で、自家受粉のためミツバチやその他の虫が交配作業に重要な役割をしています。

9月末~11月 収穫

9月末~11月
収穫して3日以内に自社工場にて搾汁作業に入ります。
振動ふるい機によって果肉と種、果汁に分けられます。

11月末 木成り完熟(コンフィチュール用)収穫

11月末
コンフィチュール用の直七は、香酸果汁として使用するために収穫した青玉の実とは違い、木成りで完熟し、黄色く色づいた実を収穫します。

2月~4月 休眠期、剪定

2月~4月
2月頃から、休眠期に入り木の芽吹き、根の動きが止まります。
その間、春に向け、新しく強い芽を出させるために1本1本、剪定していきます。
剪定が終わり、開花が近づくと木に栄養を与えるため、肥料を散布します。

直七の里をもっと知りたい

ニュース
  • 宿毛育ちの直七 「幻の柑橘」の上品な酸味は、ホテルのシェフも絶賛。
  • 美味しいポン酢のヒミツ 直七を使ったポン酢だけにしかない、絶品の味をご紹介。
  • 安心・安全へのこだわり 安全な直七をお届けするために、真面目に取り組んでいます。

お問い合わせはこちら(通話無料) 0120-926-707 受付/月~金 9:00~17:30

ページの先頭に戻る