幻の柑橘「直七」は、宿毛の自然と人々の中で、大切に育てられてきました。

宿毛の食卓で昔から愛用されていた直七は、全国にファンを持つ柑橘になりつつあります。
希少な幻の柑橘「直七」が、長く受け継がれてきたその理由をご紹介します。

柑橘類の中でもとてもバランスのとれた果汁

直七グラフ

まろやかな酸味とすっきりした後口が
料理を活かす果汁です。

直七は、他の柑橘類に比べてバランスがよく、かつ苦味の先味、余韻ともに低めで、後口のすっきりした味であることが分かります。ゆず、かぼす、すだちはそれぞれ酸味や苦味が直七よりも強いのが特長です。

ページの先頭に戻る